アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1/榊一郎,ゆーげん

ハーフエルフのメイドさんにょぅι゙ょ皇帝、おっぱい眼鏡軍人……。あざとい! あざとすぎる!! だがそれがいい!!!
ある日、引きこもりのヲタが剣と魔法の異世界で……というのはテンプレのようなお話ではあるけども、その攻略方法がヲタ文化伝道というのは見たことないw
ファンタジーワールドの支配者を打倒する外界から来た勇者というのは見方を変えれば侵略者なわけで、武力に頼らずヲタを利用して文化的に攻略しようとすればこうなるのかーと。
いわゆる中世風ファンタジーワールドてのが本来どういう世界観なのか、という部分をしっかり赤裸々に描かれていて、まぁそういう描写自体は珍しくないのだけども、見せ方が違えば受ける印象はやはり変わる。
身分や民族だけでなく、種族の違う生物が同居する中世的な社会の実像。
そんな剣と魔法のファンタジーワールドをヲタ文化でどのように攻略していくのか、現代の日本のような価値観に出会った中世風ファンタジーワールドの価値観がどう変わっていくのか、どうなるのかとてもwktkする。
また、主人公が異世界に来るきっかけが、異世界からの召還とか何かの弾みで迷いこんでとかでなく、『自衛隊(政府)の拉致』というのも面白い。
この話は異世界ファンタジーではあるけども、異世界との外交の側面があって、そっちの絡みでの話にも展開されそうな雰囲気なので、それも楽しみ。
また、そういう大きな物語の陰で主人公の話もしっかり描かれていきそうなことも嬉しい。
あとは、冒頭にも書いたように萌えキャラがあざとい設定で、しかしだけども、かわいいものはかわいいのだから仕方ないw
そして、イラストのゆーげんさんの色がたまらん。カラーはもちろん、モノクロイラストにもゆーげんさんの色が感じられて凄くよかった。それに197頁の挿絵はこれ……!
本当に続きが楽しみなので、すぐ続刊出るのは嬉しいw

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM